ズガニは正式名称をモクズガニと言って、海(肌を焼いた後にはきちんとケアしないと、後でボロボロになってしまいます)で産まれて河で成長し、河で獲れるカニです。 ズガニと言う呼び名は方言で、他にも、ツガニやヤマタロウ、カワガニと呼ぶ地方もあるでしょう。 ズガニの旬は、産卵のために河を下る9月〜11月の初旬頃です。 味がとても良いことで有名なので、食通の間では人気が高いです。 ただ、環境の変化からか、最近では獲れる河も減っていて、ズガニを目にする機会も少なくなりきているではないでしょうか。 また、ズガニには肝臓ジストマ(肝吸虫)と呼ばれる寄生虫がいることがありますので、完全に熱を通してから食べるようにしなければ危険でしょう。 ズガニは塩で茹でてそのまま食べたり、蒸し器で蒸して食べたりします。 また、ズガニのおいしさはそのカニミソ(寿司ねたでもよく使われていますよね)にあると言っても過言ではありません。 カニミソ(実は脳ではありませんし、もちろん味噌でもありません)にはカニの旨みが凝縮されているのですので、ズガニを砕いて味噌汁にしてたべるのが一番おいしいとも言われています。 ズガニのかけ飯も有名ですが、かなり手間がかかりますから、ズガニが手に入っても自分で作るのはちょっと大変だといえますー